無料(アプリ、サイト)でブラインドタッチを練習してしまいましょう!

ブラインドタッチの画像パソコン使い方

ブラインドタッチの練習が無料で(タイピング練習)が出来るサイトを発見~!

今回は、ブラインドタッチの練習についてのお話です。

まづは、なんていうサイトなのかをご紹介しておきますね。

benesseという会社のマナビジョンというサイト」なんです。

その中のコンテンツの一つでね、「無料タイピング教材」というやつです。

これは受験生向けのサイトですが、身内の方に受験生がいらっしゃったら
こんなサイトがあるよ~ってご紹介してもいいかもしれませんね!

私には紹介料とかは入っては来ませんよ。 (‘◇’)ゞ
これは自分で探したサイトなのでね。

タイピング練習無料ブラインドタッチの練習できるURLはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
(下の記事で注意点を確認したらクリックして移動してみましょ~!)

https://manabi.benesse.ne.jp/gakushu/typing/
(クリックすると無料アプリに移動できます。)

それと、キーボードの指使いの表ってか画像も下のURLから無料でダウンロード出来るようなので、

行ってみて、画像を印刷しても便利だと思いますよ~

それをいつも見えるところに貼って置くとかしてね。

キーボードは出来るだけ見ない様にして練習をしていきます。

URLはこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓(クリックして移動してみましょ~!)

https://happylilac.net/sy-keyboard03.html (印刷したら帰ってきてね~)
(※ちびむすドリル小学生より)

タイピング練習の無料サイト~(しかもブラインドタッチで脳に刺激!!)

我々、年寄はね~

指先を使うのが脳の刺激にもなってね、いいんですよ~

だからね、ブラインドタッチ(タッチタイピング)ってのは最適です。

コンピューターだって中古でもいいし安いのを買えば、何千円とかでも買えますし~

そんなに大きな出費もいらない。

パソコンなんて中古で十分なんですからね~

今回はサイトを見るからね、インターネットを使える環境ってのは必要になりますけど~

インターネットの環境と、パソコンが既に有れば

この記事に書いてある練習の方法はスグに出来ます。

無料ってのはあくまでも、教材として必要なお金が無料と言う事です。

(「無料のサイトでブラインドタッチが練習出来てしまう」という事。)

インターネットの環境にかかるお金は普段通りです。

その辺はご理解くださいませ。

この無料サイトでブラインドタッチのタイピング練習をする為には(注意しなけらばならない点)

無料のアプリを使ってブラインドタッチ(タッチタイピング)を練習する為には、

いくつか注意しなければならない点があります。

難しくはないです。

ではいきます。

注意点 その1

※スマートフォン、タブレットでは動作しません

注意点 その2

無料ブラインドタッチの学習教材を使うだけならログインは行わない

これは重要です~

あくまでも無料のアプリ(サイト)と言っても

benesseという会社の無料のコンテンツを使わせて頂くのでね。

お仕事の邪魔になる事はいけません。絶対に。

注意点 その3

長時間は行わない。

あまり長い時間を使って画面上だけで

タッチタイピング(ブラインドタッチ)の練習はやっても効果は伸びないし、

目も疲れます。

集中してサクっとやってみて、次の日もやるという位にしておきましょう!

もしも、もっと長く練習をしたいのならWORDなどのソフトを使って、

本を書き写す等して練習した方がいいです。

これは、サイトの負担を減らします(迷惑をかけないで済む。)

注意点 その4

いつこの無料サイトのページが無くなっても文句は言わない

企業が無料で提供しているものなので都合で消されることはあります。

その事は充分に理解しておきましょう!

消されたら、次を探す位の気持ちでいきましょう!

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を

無料でタイピング練習できるアプリ(サイト)ってのは結構な数有ります。ググりましょう!

注意しないといけない心がけ

ホームポジションを覚えることが大切。

キー”と”キー”の位置を覚える

いつでもスグに指を置けるように覚える。

手首は机の上等ににキッチリと下にくっつけておく

手首を浮かせたままにしておかない。動かしてもいいが滑らせる。

その上でホームポジションを意識する。

慣れてくれば浮かせてもOKだが最初はNG

小指担当する範囲が多いので、

段々と慣れていけば良い。

一度には覚えられないとあきらめる。

キーボードは絶対に見ないようにして、

この無料アプリでは画面上で間違いが分かるから、

画面上で間違いを修正していくようにしましょう。

遅くてもいいので打ち間違いをしない様になるまで頑張りましょう

打ち間違いは一番時間を食いますよ!

宜しいでしょうか?

以上の事を守って練習してみてくださいね~

私も頑張ります~

(ブラインドタッチの練習が無料で出来てしまうのは有難いですなぁ~)

タイピング練習が無料~初心者にも良いと思います~!(無料タイピング教材の使い方)

それでは実際の使い方を書いてみます~!

https://manabi.benesse.ne.jp/gakushu/typing/(※Benesse マナビジョン 無料タイピング教材)

  • この上のURLをクリックすると、「無料タイピング教材」が開く。
  • 「タイピングの基礎練習」を選ぶ。
  • 「タイピング練習(ホームポジション 基本編)」を選ぶ。
  • 「→スタート」をクリック
  • 「A タイピングを開始する」をクリックする。
  • 画面に現れたガイドによって練習を開始する。
  • 「スペースキー」を押して開始します。(日本語入力モードはOFFにしてください。)
  • 画面に表示される文字を打つ。
  • 5分間でテストされる。
  • 終わったら成績表が表示されて結果がでる。

今回の私の成績は26点

入力方式/時間 ローマ字/5分
入力文字数 197字
正タイプ数 329回
誤タイプ数 20回
正タイプ率 94.269%
誤タイプ率 5.731%

ベネッセ マナビジョン 無料タイピング教材より抜粋

っと出ました。

最初にしては良いのではないでしょうか? (どこが???(;^ω^))


今後もやっていきながらタイピング(ブラインドタッチ)を

マスターしていきましょうかね~

別の練習もやってみよ~!

ページを一つ戻って、「タイピングの基礎練習」というページに戻ってください。

そうしたら、

今度は「日本語入力」を選びます。

タイピング練習(日本語編)」のページに移ります。

そうしたら

「→スタート」をクリックします。


設定で

「入力方式」を選びます。

「ローマ字入力」が一般的なのでローマ字入力を選びます。

制限時間は5分です。

制限時間もマウスを使って変えることが出来ますから、

調節してもいいです。

「A タイピングを開始する」をクリックします。

こちらも画面の指示に従って練習を進めてください。
(日本語入力モードはOFFにしてください。)

「スペースキー」を押して開始します。

こちらも画面の指示のキーを押していきます。

キーボードは見ない様にします。

画面を見ていれば間違ったときには

どのキーを押しているのかが分かりますからね

その時は指を変えたりして調節します。

あくまでもキーボードは見てはいけません。

終了すると

成績表が表示されて来ます。

先ほどと同じ内容です。

この内容を控えておいて、

次にやった時に比較してみると

どの位上達したのかがわかって楽しめるかもしれませんね。

「印刷する」っていうクリックのボタンもあるので、

そちらから印刷して取っておいても良いかもしれません。

私は印刷はしたことがありませんので、

上手く印刷できるのかは知りません。

あくまでも練習用なのでこれは印刷がなくってもいいですけど。

まとめ

いかがでしょうか?

時間を作ってブラインドタッチ(タッチタイピング)の練習をする事によって、

私もブログの記事を書く事が結構早くなっては来ました。

やはり、タッチタイプって言いますかブラインドタッチはカッコよく見えますよね。

最近はマイクでの音声入力ブログ記事の下書きなどは書いていますが、

どこでもマイクを使えるわけでもないし、やはり、

キーボードを使っての作業はこれからも

結構出て来ると思います。

思った事をバチバチっとキー入力出来たら、

若いもんを「あっ!」っと言わせることも出来るかもしれないなぁ~

っと思いつつ、これからもブラインドタッチ(タッチタイピング)は

練習していきます~

ブラインドタッチに慣れてきたら~

キーボード ショートカットキーってのも覚えていくと

パソコンの使い勝手がメッチャ楽になります~

インターネットのブラウザーgoogle chrome(グーグル・クロム)

キーボード ショートカットの事についても書いた記事有りますから~

興味があったら読んでみてくださいませ~

ここまで読んで頂きまして誠にありがとうございます。

嬉しい、楽しい、ついてます。

感謝。

泉水善光

↓↓↓↓↓↓ 分かりそうで結構迷う「デャディデュデェデョ 」の入力の仕方です~
打ち方は何通りかありますけども~これが速いと思います~ ↓↓↓↓↓↓

タイトルとURLをコピーしました