スポンサーリンク
賞味期限間近品をお得にGET

スキルシェアが簡単にできる【ストアカ】
スポンサーリンク

賞味期限間近品をお得にGET


スキルシェアが簡単にできる【ストアカ】

【猫を飼っています。】ミネラルウォーターはペットにあげてもいいの?

ミネラルウォーター使い方

猫にはミネラルウォーターはあげないでください。

まづ、大切な事なのでね。

結論から書きますがね。

かわいい猫ちゃんの事を思うのなら、ミネラルウォーターはあげないでください。

中には猫ちゃんの事を思うあまり、ミネラルウォーターをあげている方もいるかもしれません。

けれども、ねこちゃんの体に良いものと悪いものがある以上、

ミネラルウォーターはあげない方が良いと思います。

ミネラルウォーターのミネラル分ってのが猫ちゃんの体に悪さをします。

病気を引き起こす事に繋がります。

だから、ミネラルウォーターはあげない事をお勧めします。

猫用のミネラルウォーターってのもあるとは思いますがね。

そういったきちんとした安全性が分かっているものだけにした方がいいです。

猫の病気で尿路結石症というのはミネラル分が関係してます。

先ほども書きましたが、ミネラルウォーターはネコの重大な病気の一つである尿路結石ってのを引き起こす可能性が大きいのです。

ミネラルウォーターのミネラル分がいけませんね。

栄養だと思って与えていて病気になってしまったら後悔します。

猫の泌尿器系の病気、尿路結石には2種類ある。

この尿路結石ってのは2種類あってね、

尿がアルカリ性になっている時に出来る結石と

酸性になっている時に出来る結石が有るんです。

猫の尿は弱アルカリ性が適切らしいです。

しかしながら コントロールは難しいですね。

ミネラル分が結石を作ってしまう。

この尿がアルカリ性の時に出来る結石はマグネシウムが原因となります。

そして、尿が酸性になっている時に出来る結石はカルシウムが原因となってしまうのです。

どうですか?

ミネラルウォーターのミネラル分ってのはもろ、

マグネシウムやカルシウム等ですよね。

結石になる原因のものがどちらも含まれているんです。

だから、危ない状態を引き起こしやすくなるって事です。

特に硬水のミネラルウォーターは絶対にあげてはいけませんね。

ミネラルウォーターの硬水や軟水については別の記事に書いておきましたのでご覧ください。

ミネラルウォーターの軟水と硬水の事について書いています。興味があれば読んでみてください。

猫にあげてもいい水とは?

日本で猫を飼っているなら水道水がよいです。

なんでかと言えば、日本の水はほぼ軟水なんです。

軟水ってのはミネラル分が少ない水なのでね。

ねこちゃんにも優しいって事になります。

それに消毒を行っているので雑菌も繁殖しづらい。

塩素の量だってホントに微量になるので健康に被害が出る事もないです。

一部、沖縄の様な水道水が硬水である地区もあると思いますが、

その時には軟水のミネラルウォーターの方をあげるといいかもしれませんね。

猫用のミネラルウォーターもある。

ペットショップなどにも売ってますが、猫用のミネラルウォーターってのも売ってます。

これはもろ猫様なのでね、安心安全の基準を満たしていると思うので大丈夫なのではないでしょうか?

まとめ

大切な家族である猫ちゃんにあげる水は、

日本であれば水道水がいいという事になります。

あとはどうしても水道水がない時には

ミネラルウォーターの軟水をあげれば安心だと思います。

(災害でアウトドアー生活の時など)

家族としてかわいい猫ちゃんには長生きをしてもらいたいってのが飼い主の共通する気持ちでしょうね。

飼い主は積極的に猫ちゃんの健康に関しての知識を学んでいく事が必要でしょうね。

可愛い可愛いだけでは良かれと思った事が裏目に出る事さえあります。

人にとって良いものであっても猫ちゃんにとっては健康被害を出してしまうものもある事をよく知っておきましょうね~

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

楽しい、嬉しい、感謝して

これからも、どんどん記事を増やしていきます。

宜しくお付き合い頂けるとありがたいです。

泉水善光

タイトルとURLをコピーしました