ミネラルウォーターって洗顔に使ってもいいの?

ミネラルウォーター使い方

ミネラルウォーターは洗顔に使ってもよい。

ミネラルウォーターには塩素が入っていないから~

お肌への刺激も少なくってね。

洗顔にも適してます。

ニキビに悩んでいる人なんかはお肌への刺激が少ないものが良いのでね、

ミネラルウォーターでの洗顔は良いらしいですね。

水道水は洗顔には向かない。という事らしい。。。

「ミネラルウォーターには塩素が入っていない」

ここで出てきた言葉「塩素」なんですが~

水道水ってのは飲めるようにする為に塩素やカルキを入れて

塩素消毒を行っているんです。

もうご存知の方も多いとは思いますがね。

その為に水道水の中には体には悪くならない程度に微量の塩素が含まれてくるんです。

水道水は飲むのには安心出来ますが、お肌にはあまり良くないってものらしいですね。

知りませんでした~!!!

塩素はお肌のバリアーを取り去る。

塩素はお肌のバリアーを取り去ってしまう作用があるんですって~

それでニキビ等の肌荒れにもなりやすい。

ミネラルウォーターは「加熱消毒」だから「塩素」が入ってない。

ミネラルウォーターは「加熱消毒」をして販売されるのですって。

「塩素消毒」がないミネラルウォーターは「塩素」による肌荒れの回避が出来るからね。

だからお肌にも優しくって洗顔にも良いと言えるっちゅうことですなぁ。

ミネラルウォーターは洗顔に向いてますが、ミネラル分がね。。。

水でそのまま洗顔している人ならミネラルウォーターを使って洗顔しても問題はないと思いますがね。

多くの人は洗顔には洗顔フォームを使うと思います。

なんとここでミネラルウォーターでの洗顔に問題が発生するんですね。

このミネラル分ってのは実は石鹸の敵であったりもするんです。 次にその事を書きます。

問題発生!ミネラルウォーターのミネラル分(マグネシウムやカルシウム等)は石鹸の能力を落としてしまう!!

実は洗顔フォームも含めて石鹸の類の成分って、

ミネラル分(マグネシウムやカルシウム等)と結合すると~

洗う力の無い成分に変わってしまうんです。

( なっ!、なんですと~!!!)

このミネラル分が多ければ多いほど石鹸の洗う力は落ちます。

その為に、ミネラル分の少ないものの方がいい

(洗う力が残ってくる)

という事になるんです。

ミネラルウォーターの「硬水」は洗顔フォームを使った洗顔には向かない。

ミネラルウォーターのミネラル分が多いものを硬水っと言います。

(今までの記事にも書いてるからもう分っている方も多いでしょうか。)

ミネラル分が多い為に石鹸の成分と沢山結合してしまう。

だから硬水だと洗顔フォームの洗う力をうんと下げます。

硬水のミネラルウォーターだと洗顔フォームの泡立ちも邪魔します。

しかも洗い上がりがゴワゴワしたりもします。

「洗顔フォームを使った洗顔には硬水のミネラルウォーターは使わない」様にしましょう~

結果、ミネラルウォーターの「軟水」が洗顔に向いている。

塩素の心配がなくって~

しかも洗顔フォームの泡立ちを邪魔しない(フワフワな泡が作れる)水ってのは

結果的に「軟水」のミネラルウォーターって事になりますなぁ。

まとめ

石鹸を使った洗顔にはミネラルウォーターの軟水がよい。

石鹸を使わない洗顔には水道水よりもミネラルウォーターの方がよい。

ミネラルウォーターはお金が掛かるものなのでね。

使い方は充分検討注意して水もお金も使い過ぎない様にいたしましょうね~

ここまで読んで頂きましてありがとうございます。

まだまだ、ミネラルウォーターに関連した事で調べてみたい事が沢山あります。

これからも記事にしていきますね。

いつもありがとうございます。

感謝しています。

嬉しいです。

泉水善光

タイトルとURLをコピーしました