コーヒーに使うフレッシュってのはミルクじゃあないの?

日常生活

よくファーストフードなんかで珈琲頼むと付いてくるコーヒーミルク。あれミルクじゃあないの~?

私、よくコーヒーは飲むのですがね。

家ではインスタント派。

大体、ブラックで飲みます。

たまにノンカロリーのシロップとかを入れたりして飲んでます。

あと、ファーストフードは頻繁に利用してます。

ほぼ、コーヒーしか飲みませんが。。。(;´∀`)ゴメンナサイ。

ファミレスなんかに行った時もコーヒーは必ずってくらい注文します。

まあ、今回はコーヒーのお話ではなくってその時に付いてきたり、必要かどうか聞かれたりするミルクの方のお話です。

何となくあのミルクって変だなぁ~って思ってはいたのですよね。

だって、コーヒーに入れてもクリーミーな香りや味がしない。

且つ、常温で沢山山積みになって置いてある。

ミルクって言うと乳製品だからね。

常温で放置したら傷むでしょ!

悪くならないのかなぁ~?っていつも思ってました。

まあ、この年まで、調べる事もなく何となく過ごしてたんですがね。

このブログを書く様になってから、なんかなんでもググりたくなって来てね。

そんで、このミルクについてもググってみたんです。

そしたら、なんと、

コーヒーミルク(コーヒーフレッシュ)って乳製品じゃあないって事が判った。

実際にはコーヒーミルクではなくって、コーヒーフレッシュというのだとか。

じゃあ、このフレッシュってのは一体何なのさぁ~

って事になりますよね。

コーヒーフレッシュって成分は何なのか?

コーヒーフレッシュの成分が乳製品でないとしたら何なのか?ってことですが、

これがなんと油が主成分。。。((+_+))

植物性の脂に水を混ぜて、乳化剤で分離しない様にしてあるのですって~!

香りづけもしてあるから多少はミルクっぽいものにはなっていたという事ですなぁ。

調べたら中には乳成分もはいってるものも有ったようですが、

ほとんどは植物油製品でしたね。

なるほど、だから表に出しっぱなしでも悪くならなかったのですなぁ。

まあ、コーヒーの苦みとかを和らげてくれるのがミルクの役目だとすれば、

コーヒーフレッシュも苦みは和らげてはくれますからね。

役には立ってましたか。

しかしながら、油と聞いちゃうとちょっと敬遠したくなりますね。

私、今までにダイエットが成功していてね。

なんかせっかく痩せたのに

知らない間に余分なカロリーとか取る事になってしまうのが

嫌なので~!

今後はコーヒーフレッシュは使いませ~ん。
(多分、少しは使うけどね。。。(^-^;)

ここまで読んで頂きましてありがとうございました。

知る事で
未来に希望が持てるようになる事も
最近分かってきた気がいたします。

また、何かあったら書きますね。

嬉しい楽しいついてます。

泉水善光

タイトルとURLをコピーしました