アンコウの旬って今頃(2月頃)が美味しいですよね。

お魚関連の話
SH3E0052
この記事は約3分で読めます。

アンコウの鍋やら肝(アン肝)は今頃がいいかもね~

SH3E0052

このお魚はいつ見ても怖い顔です。

これを一番最初に食べた人ってすごいと思いませんか?

だってこの顔、美味しい事知らなかったら絶対食べられる顔ではありませんものね。

何故、食べられる様になったのかは知りません。。。残念ながら。。。

しかしながら、食べるとホントに美味しいです。

なんとも言えずに美味しいですよね~

SH3E0051

肝の入ったアンコウ鍋なんか最高~

アン肝を蒸してから切って食べるのも最高です~

後は唐揚げも最高ですわ~~食べた~い!!!!!

いまの2月あたりが結構美味しくって良かったと思います。

見つけたら吉日という事で是非買ってみてください。

既におろしてあるのも売ってると思うのでね。

顔についている提灯が魚を引き寄せます。。。(怖)

もう既に知っている人も多いとは思いますがね、そうなんです。

このお魚、海の深いところで釣りをしてエサにありついてるんですよ~

SH3E0056

画像の小さい竿の部分の先端がまたまた小さなヒレになってて、それが他の小魚の食べ物の様に動く。(チョンチョン、ユラユラって感じ)

そして、寄ってきた小魚を「バグリ」っと食べてしまうんですね~

その襲い掛かるスピードってのは信じられないくらい早いと言います。

この様に大きな口で至近距離から襲い掛かってくるんだからもう逃げようにも逃げられやしね~ってもんです~

襲い掛かり方もね、ただ口を開けて噛みつくってのとは違ってね。

小魚の周りの水ごと飲み込んでしまう様なやつなんですよ。

大きな穴に水ごと吸い込まれていく感じとでもいいましょうかね~

いつからこんな事覚えたのだろ~

もう生まれる前から知っていたのでしょうが、不思議です~

アンコウのこの歯~噛みつかれたら逃げられない~

SH3E0055

画像の様にねアンコウの歯は内側に向かって生えてますよね。

噛みつかれたらもう逃げたくても逃げられないです。

こんだけ大きな口で吸いこまれていったらあっという間に口の中、胃袋の中に直行してしまうでしょ!

それでもまだ逃げようとしたお魚をこの歯ががっちりとくわえて放しません。

アンコウも白身のお魚なんでね、瞬発力はあるのだと思います。

そして、その瞬発力はカレイやヒラメの様に泳ぎにではなくって口を開けて飲み込むっという部分に発達していますね。 ほっぺが他の魚に比べて異常に発達してます。

アンコウは吊るして切った方がやり易いと言われます。

SH3E0059

アンコウってのは身体中がヌルっとしててまな板の上では滑り易いんです。

だから、昔からアンコウは吊るしてからさばくって言われてます。

確かに吊るした方が、動かなくなるし、やり易いのでしょうなぁ~

でも、ちょっと考えるとね。 家庭で果たして吊るして切るスペースがあるのか?って思うのですよ~

うちの店ではアンコウはいちいち吊るしては切ってなかったですね。

まあ、職人さんのやり方ってことなんでしょうなぁ~

昔から顔つきの悪い魚は美味しいと言われてます。

このアンコウ、私の友人にもよく似ていてね。

何となく親しみもあるのですが、、、

でも、きっと世間からはイケメンだとは思われていないと思います。

残念。。。

けれども、昔からね、顔の悪いお魚は味がいいっと言われてますよ。

確かに、アンコウは上手いもんね。

昔の人は良く言ったもんですなぁ。

是非、見つけたら食べてみてくださいね~

私はアンコウの皮が大好きなんですよ~

プリップリして美味しいです。

はい、以上で~す。

ここまで読んで頂きまして有難うございました。

泉水善光

タイトルとURLをコピーしました