初心者が体験したpython入門に使える本のご紹介追加!!

python入門

前回、初心者だからこそ選べたpythonの入門書ってのをご紹介しました。

今回は新しく別の本も購入して使ってみたのでそのご紹介となります。

前回と違って今度の本はかなり読みやすい。

博士との会話形式になってますから~

読みやすいけれども~python言語の知識も多少は無いと

先に進みずらいかもです~

それと、この本はシリーズになっているので~

全部揃えようとすれば費用もばかになりません。

だから今回はスクレイピングに特化したものを購入致しましたよ~

「Python2年生スクレイピングのしくみ」は初心者でも読み進んでいけるかも。

今回の本は翔泳社の本になりますね。

この本は翔泳社の1年生シリーズの続きのものになりますよ。

前回に購入した本(ご紹介済みの本)で

結構プログラミングの写経とかしたもんだから~

何となくプログラミングについては感覚が湧いてきてます。

前回ご紹介した秀和システムの本も色々と書いてあって使えるのですけども~

技術的な説明ってのもところどころ書いてあって~

まだ駆け出しの初心者では少し分かり辛い表現ってのもあった。。。

正直なところ。。。

そんな中でpythonのclassについて書いている所は

ハッキリ言って

「ど分かり辛いです。」

説明がなんか頭に入ってこない。

私の頭の中にベースとなる知識がないところにきて

知ってるだろう的な表現がなされていたりしました。。。
(確実に問題点は私の中にあるのですが。。。)

まあ、どんなものにも完璧なんてのは存在しないのが世の中ってもんです。

そんな事もあるだろう!って感じであきらめました~

だからね、別の本も見てみようかなぁ~って思って本屋さんに行ってみました。

また、いろいろと見たんですが~

なんか「よく分からなかった。」

私の頭の中にはまだpythonの知識が足りてないって証拠ですね。。。orz…

そうやって探してみたのですが~

classとは関係なしに、「あれ?これ読みやすい!」っという本に出合いました。

そして、それが今回の本なんですね。

「Python 2年生 スクレイピングのしくみ」森 巧尚 著 翔泳社 定価2200円

Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる! [ 森 巧尚 ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2021/3/20時点)楽天で購入
Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!
Python2年生 スクレイピングのしくみ 体験してわかる!会話でまなべる!

私結構、直観も信じていて~

この本って私に知識を授けてくれるなぁ!って思ったのです~

だから即購入を決定~!

本来ならclassについての分かり易い本を買わなければいけなかったのに~

違う内容の本を選ぶなんて邪道ですがね。。。

でも、私の体が選んだっと言うのでしょうかね。

読んでみたくなった本でした~

表題の通り「スクレイピング」についての内容です。

スクレイピングってのはインターネット上のサイトの情報とか

あるいはEXEL の様な表計算ソフトのファイルをプログラム中から読み込んで

内容から必要なデータを抜き出したりそれを加工したりするって事なんですがね。

その事も学びたいとはもともと思っていたのでね。

興味を持って読み進められましたよ!

なんかヤギの顔した博士との会話形式で書いてあって~

スクレイピングの疑問についての解決方法

基本的なトピックから順に説明してくれてます。

使っている言葉もそんなに難しすぎないし~

一度に沢山の知識を埋め込む的な事はしないで説明が段階的に進んでいきます~

どんどんと読み込んでいけましたね。

そして、お決まりの写経ですわな。。。\(^o^)/

読み終わった後の感想なんですけども〜

「これなら、後から忘れた事を見返すのにも使えて

良いかもしれないなぁ!」と思いました~!!!

この手の本ってのは質問できる人が近くにいない時には助かります

最近ではググれば答えは出てくる時代にはなりましたがね。

やはり感覚的って言いますかね。

本で探すってのが私的にはしっくりと来る事もあるのですよ~

後々使えそうだし、どんどんと読み進められそうだしって事で

今回は購入したってお話でした~

classを理解したかったのですがね。

なんとスクレイピングを理解する事になってしまいましたが〜

なんとなくなんですけども~

この本を読んだ後にもう一度前回の本でclassのところを読んだら~

少しclassのイメージが分かった気が致しましたよ!

これはきっと、python言語の仕組みってのが今までよりは体の中に入ってきていて~

プログラムの動きってのが想像できる様になってきているのではないでしょうかね!

道を逸れてはいましたが~

本来の知りたかった事に近づいたって事になるのかなぁ~っとも思ってます。

まさに、「急がば回れ!」だったのかもしれませんね。

自分の直観も信じて良かった。

これからもこの調子でいきますか~!
(たまたま良い方向に向かっただけなのに。。。(;´∀`))

今回はpythonのclassを知りたかったけれど

スクレイピングを知っちゃった!って内容の記事になってしまいました。

もしも、この記事がどなたかのお役に立つことがあるとすれば嬉しいです。。。

それではこの辺で。(‘◇’)ゞ

ここまで読んで頂きまして誠に有難うございました。

嬉しい楽しいついてます。

感謝

泉水善光

↓↓↓↓↓↓ 初心者が選んだ読める技術書!
これ使ってpythonの写経をしたんです~効果的でしたなぁ~ ↓↓↓↓↓↓

初心者だからこそ選べたPython入門の本(入門書)のオススメ
pythonをやるって決めてから入門の本を探したのです~入門書ってだけでも本屋さんにはかなりの数ありましたよ~初心者の私が初心者だからこそ選べたPythonの入門書をシェア致します~何でこれらを買ったのかも初心者としての立場から書いてます~
タイトルとURLをコピーしました