【ショートカットキー】日本語入力モードで全角と半角英数を混ぜて速く入力する方法~!

キーボードの打ち方
この記事は約4分で読めます。

こんにちは。

今回は日本語入力(ローマ字入力でも、かな入力でも)している時に
半角の英数字もサクッと入力しちゃうという
便利なショートカットキーをお伝えしますね~

これ、結構便利ですよ~!
タッチタイピングが出来る人なら特に
便利さを分かって頂けるのではないかなぁっと思います~

それでは、いってみよ~!(‘◇’)ゞ

この操作の前提条件

パソコンのOSはWindows10を乗せたもの。

日本語と半角英数を混在して入力するにはこのショートカットキーを使え~!

今回のショートカットキー:Ctrl-T

これどんな事だか分かりますかね?
例えば~

第1関節」という文字列を入力したいとします。
その時にはどうやって入力してますか?って事なんですよ~
この単語を全角半角の違いで分析すると~(大袈裟。。。(笑))

  • ・・・全角モード(日本語モードで入力)
  • 1 ・・・半角モード(英数モードで入力)
  • 関節・・・全角モード(日本語モードで入力)

になってますよね~
「第」を入力してから
半角/全角キーを押し
英数モードに切り替え

1(半角)を入力して

半角/全角キーを押し
日本語モードに切り替え

「関節」を入力してるのではないでしょうか。

これって結構ホームポジション崩しますよね。
左手の小指上の方のキーを何度も押すのってのも意外と面倒で大変ですし~

以前にこの半角/全角キーの働きを分けて設定する方法ってのもご紹介はしたのですけども~
それでもキー入力ではバタバタしてしまいます。

今回はもう少し進んだ入力の方法をご紹介という事なんです~
どう入力するのかというと~

「だい」を入力して変換キーを押す。=>「第」にする。
(コレは今までと同じ
全角モード(日本語入力モード)のまま
1(全角)
を入力して「Ctrl+T」を押す。
そうすると「1(半角)」が表示される。
そのまま「関節」を入力する。

どうでしょうか?
分かりました?
全部「全角モード(日本語入力モード)」のままで入力出来ちゃうんですよね~!
だから半角/全角キーをいちいち押しにいかないで済んでしまうという事ですなぁ。

些細な事かもしれませんがね。
長い文章を書く様になれば、これって結構効いてきますよ~!

上の例の様な「第1関節」位なら単純なので
そんなに難しくなく入力出来てしまうのかもしれませんけど、
下の様なものになってくるとちょっと面倒な気がしませんか?

「その世界大会にあたる『2022 VALORANT Champions Tour Stage1 Masters Reykjavik』が、4月10日より開催されている。」

YAHOOニュース エンタメ 「日本の『VALORANT』は始まったばかりだーーOpTic戦を終えたZETA DIVISIONにインタビュー」より

これ入力しようとしたら英数/かなキーを頻繁に打たなければいけなくなってきますよね!
タッチタイピングが出来ない人であれば打っている間に
「何なんだ?この入れ難さは?」
っと思うでしょう。

そして、小指が攣る事があるという事を初めて知る。。。
(私だけかなぁ。。。”(-“”-)”)

でも、この「Ctrl-T」を使えば小指が攣ったりしなくなるでしょう~
(保証は出来ません。。。あしからず。。。m(_ _)m )
オススメで~す!

まとめ

今回は文章入力の時の日本語(全角)と英数(半角)が混在している文章の入力の仕方についてお伝えしました。

「Ctrl-T」
Ctrlキーを押しながらTキーを押すのでした。
簡単で便利、速く入力が出来てしまうからどんどん使って下さいませ。

実はこのCtrl-Tってのは使うソフトによってはその動き方が変わってくるのです。
例えば、ブラウザーのchromeとかだと新しいタブを追加するとかになります。
でも、文字入力欄で今までの様に文字入力中であれば英数(半角)に変換してくれたりとかになりますね。

なんか慣れないと頭が混乱してしまうかもしれないけれど、使って慣れてしまえばもう最強ですよ。
覚えてしまえばいいだけなのでね。
つべこべ言わずに覚えてしまいましょう~!(うふふ。。。)

今回はカタカナの全角と半角の混在については書いてませんが、別のページでまた書きま~す!
お楽しみに~!

最後にこのCtrl-T同じ場所で何回か押す素敵な事が起こる事もお伝えしておきますね~!
是非、やってみて下さーい!

ここまで読んで頂きまして誠に有難うございました。

感謝

泉水善光

もし、この記事が良かったなぁ~っと思ったら
リンクをクリックお願いします。やる気が出ます!!(^O^)/

パソコンランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました