スポンサーリンク
賞味期限間近品をお得にGET

スキルシェアが簡単にできる【ストアカ】
スポンサーリンク

賞味期限間近品をお得にGET


スキルシェアが簡単にできる【ストアカ】

【キーボード¥どこ?】円マーク 半角打ち方と意図せずに出てしまう事

¥キーキーボードの打ち方

この¥(円マーク)って文字はちょっと厄介なものなんですよね。

どう厄介なのかは後で少しづつ説明していきますがね。

今回は日本語キーボードで且つwindowsのパソコンを使っている人向けです。

とりあえずはキーボートの位置からご説明していきますね。

それでは、いきます。

¥(円マーク)の半角が入力できない方は読んで!

円マークをどういう意味で使いたいのかって事で使い方も微妙に変わって(?)くるのですがね。

実は¥(円マーク)を表示させる事が出来るキーってのがキーボードには2つあるんです。。。!(^^)!

実際には一つのキーは表示するってよりも表示されてしまうって表現の方がいいのかもしれません。。。(-“-)

円マーク(¥)半角の文字はキーボード上に2か所あるんです。

円マーク(¥)半角なんですが~

違う位置に入力できるキーが2つあります。

まづ「¥(円マーク半角)」そのままのキーがあります。

まづは1つ目の円マークの半角の位置から~

これは簡単な方からいきますね~

キーボードのエンターキーの斜め左上辺りにあります~

そうBackSpaceキーの左隣ですかね~

円マークその1円マークその2
※ 違うキーボードで確認しました。 ※

違うキーボード上でも探したら同じ位置にありましたよ。

だから、あなたのキーボードにも有るのではないでしょうかね?

このキーを押すと半角でも打てるし、日本語モードなら全角でも入力できます~

どうですか?これは分かりやすかったですよね?

円マーク「¥」半角はバックスラッシュからも入力できる。

次は分かりづらい方にいきますね!

バックスラッシュで円マーク入力

上の画像を見てもらうと~

Enterキーの左下に逆の/(スラッシュ)」が見えるでしょうか?

「バックスラッシュ」というキーなんですがね。

なんとこれがですね!日本語モードでは「¥」になっちゃうのです~

キーの見かけとは違う文字になってしまうって印字ミスじゃないの?って思わないでくださいね。

実はこれにはいろんな意味があるのですが~

意味についての内容は結構なボリュームになってしまうから今回はカット致します~

でも、やってみてくださいませ。ちゃんと「¥」半角になりますよ。

「¥」をお金を表す意味に使う時は「円マーク キー」(キーボード)を使うとよい。

この「¥」というのは日本では金額を示すのに使われますよね。
(中国でも使われてましたっけ。。。)

だから、100円とかなら「¥100」みたいな。

その時には躊躇なく¥キーを使うといいです。

だって、「お金 = ¥」って事で意味が通るでしょ!

自分が書いている内容が人に対するお金関係のものであるならば円マーク(¥)を使いましょう!

コンピュータに命令として「\(バックスラッシュ 半角)」を入力したい時には\キーを押します。画面には「¥」が出ても無視。。。

記事の始めの方に「¥」は2カ所から入力できるって書いたんですけどね。

お金を示すときには「¥」を押せばいいってのは分かってもらえると思うんです。

意味も通ります。

2つ目の方法で「バックスラッシュキー」でも入力出来るって書きました。

これって実は表現ちょっと間違っているんですよ~
(嘘をついていた訳ではありませんよ。( *´艸`))

どういう表現が正しかったのかって言いますと~

コンピュータに命令を出す時にはバックスラッシュという文字を使います。

このバックスラッシュってのはコンピュータの内部では円マークと同じ文字コードを持っています。

従って、バックスラッシュキーを押すと、

人はコンピュータに対してバックスラッシュを打っている事になるけれども

(ブラウザ等の)画面上のモードってのが「日本語モード」になっていると「¥」が表示されてしまう。

っと、少しややこしい表現になってしまうのです。

その為、「バックスラッシュキー」を押した時、

そのキートップに印字された文字(バックスラッシュ)と画面上の円マークの文字が一致しないのです。

ワークステーションとか知っている方なら、

UNIXの世界なんかではディレクトリーを表すときに

「\(バックスラッシュ 半角)」は沢山使うことはご存じでしょう。

(ディレクトリの指示を出す時とか他にもエスケープシーケンスなんかにも使いますよね。)

コンピュータの世界では当たり前に使われている文字なんですがね。実は。

けれども、日本語の世界観の中では「\(バックスラッシュ 半角)」ってのはほとんど使われない。

コンピュータに触れて初めて知ったって人も多いのではないでしょうか?

そんなこんなで同じコードを持つ違った文字表示が存在する事となってしまったのです。

「バックスラッシュ」と「円マーク」が同じコードを持っているって事は

私たちがコンピュータに命令を出す時には「¥」を使ってもいいって事にもなります。

本の内容を打ち込んでみる時など「\」が書いてあったら「¥」にしてやってみてください。

それでうまくいく筈です。

どうでしょうか?

ここでは「バックスラッシュキー」は日本語モードでは「¥(円マーク)」と表示されてしまうというお話でした。

ややこしいですけども、お分かりいただけたでしょうかね。

自分の意志で「¥」を打っているのか。

それとも日本語を使う環境の為に画面上には「¥」が表示されてしまっているのかの違いですね。

繰り返しになりますけれど、

画面上は日本語モードである時にバックスラッシュは表示されないで同じ内部コードの「¥」が表示されてしまいます。

「¥」が表示されていても気にせずに

バックスラッシュを打っている気になって作業を進めて行けばよいのです。

以上、「¥(円マーク)」の打ち方についてお伝えしました。

ここまで読んでいただきまして誠にありがとうございます。

うれしい楽しいついてます。

感謝

泉水善光

↓↓↓↓↓↓ 「※」(コメじるし)に半角はあるのか?
興味があったらどうぞ読んでみてくださいませ。 ↓↓↓↓↓↓

https://myroad.izumi-zenkou.com/komejirusi-dashikata-towa/
タイトルとURLをコピーしました