アンダーバー”_”はパソコンのキーボードのどこ?(打ち方、出し方)

アンダーバーってどこにあるのかキーボードの打ち方

このアンダーバー(アンダースコア)ってのはちょっと目視では探し辛いです。

ハイフン「-」とも見間違えるしね。

まあ、いつもの通り覚えてしまえば何の事はありません。

日本語キーボード英語キーボードでは位置が違っている事もありますがね。

まあ、それも一度覚えてしまえば済んでしまう話ですね。

パソコンキーボードアンダーバー(アンダースコア)を打ち込む事って

以外に多かったりします。

だからこの機会に覚えちゃいましょ~!!!(=^・^=)

それではいきますよ~

パソコンのキーボードでアンダーバー( _ )の出し方(打ち方)

いつもの通りに、

なるだけ速く入力できる方法ってのをご紹介しますね。

キーボードのキーに印字されているものはそこを押すだけなので~

速く入力出来ますよ。(速い手順で出せるという意味。)

このアンダーバー(アンダースコア)ってのもパソコンのキーボードには印字されているものなんです。

だからそれを押せばスグに出せます。

私はwindows10で日本語変換にはIMEを使っています。

次の手順でキーを押せばアンダーバー(アンダースコア)は出てきます。

IMEのモードが日本語モードになっていれば全角のアンダーバー「_」が出てきますよ~

キーボードのShiftキー押しながらキーを押してください。

Shiftキー+キー

これで” _ ”(アンダーバー、アンダースコア)の全角は出てきます

半角アンダーバー(アンダースコア) ” _ “をキーボードで入力する打ち方(出し方)

さて、パソコンをいじっててアンダーバー(アンダースコア)を主に使うのは半角の方なんでしょうね。

半角も簡単に出す事が出来ます。

Caps Lock英数キーを押しておいて、

画面右下の変換モードが「A」に変わっている事を確認してくださいね。

CapsLockキーの場所英数モードになっている確認画像

後は、先程と同じ手順です。

キーボードのShiftキーを押しながらキーを押してください。

Shiftキー+キー

これで出てきます。

それから~

IMSの日本語モードのままで

「_」(アンダーバー、アンダースコア)を出したとするじゃあないですか~

その場合は変換を確定する前に(Enterキーを押す前って事)

F8キーを押せば半角にはなりますのでね。

慌てずにそうしましょう~

やり直しは時間が掛かってしまいますからね~

アンダーバー(アンダースコア)はどこか、見ない(ブラインドタッチ)で判る指使い(打ち方)とは

今回もキーボードを見ないで打つ方法(ブラインドタッチ、タッチタイピング

の解説もしたいと思います。

今回は右手も左手も使いますからね。

ホームポジションに手を置いてください。

(左手)a s d f(右手) j k l ; のキーに置いてくださいね。

そうしたら~まづは左手の小指をやや左下に動かします。

その位置がShiftキーです。

そのShiftキーを押したままで今度は右手の小指を動かします。

1キーだけ右に動かして~そのまま今度は右下の方へ動かします。

ハイこれでキーの場所に来ました。

先程の左手小指は押さえたままになってますか?

なってれば右手小指キーを押せば

「_」(アンダーバー、アンダースコア)が出て来るはずです。

もし上手くいかないようでしたら~

何度も繰り返して練習してみて下さいませ~

半角にするには

確定前にF8キーを押せば

「_」(半角のアンダーバー、アンダースコア)が出てきます

バックスラッシュとアンダーバーは同じ場所だから~

これを覚えれば一石二鳥ですなぁ。。。
(バックスラッシュは出せないと思いますがね。「¥」になってしまう筈。。。)

↓↓↓↓↓↓なんで?っと思った方はこちらもご覧になって見てくださいね。↓↓↓↓↓↓

https://myroad.izumi-zenkou.com/nande-backsurasshu-ga-enmaaku-ni-naruno/


それでは今回はこの辺で~

ここまで読んで頂きまして誠に有難うございました。

嬉しい楽しいついてます。

感謝

泉水善光

もし、この記事が良かったなぁ~っと思ったら
リンクをクリックお願いします。やる気が出ます!!(^O^)/

パソコンランキング

↓↓↓↓↓↓ 「なみせん」と読んだり「から」で変換かけたりしてますがね
「全角チルダ」と「波ダッシュ」という名前があります。
打ち方が分らない方はどうぞ読んでみてください。 ↓↓↓↓↓↓

https://myroad.izumi-zenkou.com/keyboard-no-namisen-doko/
タイトルとURLをコピーしました