スポンサーリンク
賞味期限間近品をお得にGET

スキルシェアが簡単にできる【ストアカ】
スポンサーリンク

賞味期限間近品をお得にGET


スキルシェアが簡単にできる【ストアカ】

中本悠太(悠太、ユウタ)?だれなの?おじさんは知らない・・・

芸能

中本悠太(悠太、ユウタ)って誰ですかね?知らないので少し調べました。

私の年齢になると世間で騒がれてる話題の人の事もわからない事が良くあります。

今回もなんかtwitterのランクインに「悠太」ってのがあがっててね。

一体だれ?って思ったので少し調べてみましたよ。

私と同じおじさん、おばさんは良かったら読んでみてくださいね。

もちろん若い方でもご自由にお読みくださいませ。

「悠太(ユウタ)」こと中本悠太って一体だれ?何者なの?

「悠太(ユウタ)」(本名:中本悠太)は韓国のK-POPグループ”NCT”に所属している日本人メンバーですね。

メンバーの中では苗字をとって「悠太(ユウタ)」と名乗っている。

NCTってグループはさらにサブグループが存在していて、「ユウタ」(中本悠太)はNCT127(イリチル)というグループで主な活動をしているそうです。

そのほか、NCT2018というNCTメンバー全員が参加するユニットでも活動を行うらしい。まあ、全員が参加するのだから当たり前かぁ。

「悠太(ユウタ)」(中本悠太)が入ってるグループNCTって人気あんの?

「悠太(ユウタ)」(中本悠太)が所属するNCTというグループは果たして人気があるのか~?

って気になる訳ですが~調べてみましたよ!

以上wikiペディアNCT (音楽グループ)より 抜粋「https://ja.wikipedia.org/wiki/NCT_(%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%82%B0%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%97)

こんな具合に色々と賞も受賞していてKPOPの男性アイドルグループではかなり人気がある様ですね。

NCTとしての実績はこれ以外にもたくさんある様です。

日本でも何度もコンサートを行ってるようで、NCTのファンも沢山いるみたいです!

「悠太(ユウタ)」(中本悠太)が所属しているNCTってどんなグループ?

「悠太(ユウタ)」(中本悠太)がメンバーになっているNCT127ってのはNCTとはどんな関係があるのか?っとか思いました。

そこで調べてみたのが以下の通りです。

NCTは2016年に14名のメンバーが公開されてデビューしてます。

NCTは2020年時点で4年目のグループです。

NCTってグループは活動の仕方が変わっていてね、「開放と拡張」っていうのがテーマのグループなんですって!

それってどういう事?っていうと~

行う活動ごとに

メンバーを入れ替えたり、ユニットを組んだりして

グループの中身を変えながら活動するという珍しい形態のグループだという事です。

つまりはNCTというグループの中身であるメンバーの構成員が時と場合によって違ったりするって事。

「ユウタ」が主に活動しているNCT127(韓国語で127を”イリチル”って読むらしい。)、

NCT DREAMとか、

NCT U、

他にもNCT2018とかの様にメンバーの組み合わせ方で名前もついてるみたい。

その他にも名前はあるみたいですけども。

NCTはグループテーマが示している通り、

デビューしてから後にメンバーが少しずつ追加されて、

今では21名のメンバーが所属する様ですね。

東方神起、少女時代、EXOなどを輩出した韓国最大手芸能事務所・SMエンターテイメントに所属しています。

少女時代はよく知っています。 日本でも大人気でしたね。

あの事務所なのですね。だったら人気が出てもおかしくないでしょう。

中本悠太(悠太)についてのまとめ

悠太(ユウタ)こと中本悠太は韓国の男性アイドルグループNCTで活躍している日本人のメンバー。

NCTは活動内容によってメンバー構成をかえるという少し変わったグループ。

悠太が主に活動するのはNCT127(イルチル)というサブグループ。

NCT127はデビューしてから沢山の賞も獲得し、とても人気がある。

日本でもコンサートを数回おこなっている。

イケメンでファンが多いらしい。

まぁ、そんな羨ましい存在の若者だそうだ。

韓国にいってアイドルを目指す女性の事は知っていたけれど、

この悠太の様に男性でも韓国でアイドルを目指している日本人もいるという気づき。なにか頼もしく感じましたなぁ~

今回の中本悠太の事を調べて~の感想。

国際化といわれてからもう何十年もたっていますがね。

海外で自分の夢を叶える為に懸命に頑張る若者達がもう実際にいるんだ~という事を知った気がしましたね。

どんどん日本という枠を飛び出して、夢をつかんでいって欲しいものです。

ここまで読んで頂けて感謝です。

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました